お金を借りると金利がつきますよね。
その金利ですが、ニュースなどでよく見かけたかと思いますが

2010年6月18日に完全施行された貸金業法が改定されて
現在の法定金利上限は借入金額によって変わるんですね。

借入金額年利(%)
10万円未満年利20%以下
10万円から100万円未満年利18%以下
100万円超年利15%以下

となりましたね。
この金利を超える場合は行政処分の対象となるほか
金利超過分は無効になるようになったんですね。

この金利もかなり高金利ですが

以前は出資法とかなんとかで上限金利29.2%で請求している
貸金業者も多かったんですが、いまは20%になったんです。
それを超過する金利の場合は、刑事罰の対象となったんですね。

以前であれば金利ほぼ30%程度が掛かっていたので
いくら返済しても終わらない感じですよね。

法定金利が低金利になり嬉しい感じがしますが
100万円超であっても金利15%以下です。

仮に300万円借りて1年間で全額支払った場合の返済額と返済総額は?
※賞与時の加算なし。元利均等

金利毎月返済額(円)返済総額(円)
15%(クレジット会社系)約270000円/月×12ヶ月約3249000円
7%(銀行系)約259600円/月×12ヶ月約3115000円
29.2%(旧出資法上限金利)約291300円/月×12ヶ月約3495000円

1年間で返済したとしても恐ろしい金利(利息)ですね。

支払い期間がながければもっと金利(利息)が付きますね。

それがわかってもなんで高金利でも借金が必要となるか・・・?

について、次回、考えてみたいとおもいます。

 

※今回の返済計算はローンシュミレーションはローンシミュレーション@ローン計算を参考にさせていただいております。