相続税の「按分割合」とは? 節税につながる端数処理の方法をいちから解説(相続会議)

相続会議
相続税の「按分割合」とは? 節税につながる端数処理の方法をいちから解説(相続会議)
相続税の計算で必ず出てくるのが「按分割合」。
[紹介元] 相続会議 – Yahoo!ニュース 相続税の「按分割合」とは? 節税につながる端数処理の方法をいちから解説(相続会議)

全て同じで良いのでとても助かります🙏😃🙏 賃貸は空き室の場合、相続税への算入割合が変わってくる(高くなる)ので、賃貸中と空き室の面積割合を用いて土地・建物の延床面積を按分しないとならないのです…💦

コメント

タイトルとURLをコピーしました