相続でマイナスの財産を差し引いて遺産を受け取る 限定承認のメリットとデメリット(相続会議)

相続会議
相続でマイナスの財産を差し引いて遺産を受け取る 限定承認のメリットとデメリット(相続会議)
[紹介元] 相続会議 – Yahoo!ニュース 相続でマイナスの財産を差し引いて遺産を受け取る 限定承認のメリットとデメリット(相続会議)

【相続財産とは?】 現金預金 ・土地 ・有価証券 といった、被相続人が亡くなった時点で有していた財産です。 ただし、借金などのマイナスの相続財産(消極財産)も存在します! 死後に借金が見つかり、相続しなければいけなくなった!というのは避けたいですね。

どうでもいいけど親の財産がマイナスだったら相続税もマイナスになったりしませんかねー

相続について 1 死亡した日から相続が始まる。故人を被相続人、財産を引き継ぐ人を相続人という。 相続人は妻(夫)、子供等一定の親族のみ。 被相続人の財産は、プラス財産もマイナス財産(借金など)も相続するが、相続しないという選択もある。

相続は、権利だけでなく義務も承継するので、マイナス財産のほうが多い場合もある。また、相続で遺産を得ることを望まない人もいる。そこで、相続人は、その意思により、無限に相続人の権利義務を承継する単純承認、相続財産の限度のみで弁済するという留保をつけた限定承認、→

賃貸住宅のある土地を「貸家建付地」といい、貸家建付地では更地に比べ相続税評価の際に評価額を下げることができます💡 借入によってマイナスの財産を作ることでプラスの財産から差し引くことができるので相続税評価額を小さくすることができます👍

【相続】…自然人の財産法上の地位(または権利義務)を、その者の死後に、法律および死亡者の最終意思の効果として、特定の者に承継させること。相続人は、現金、不動産、債権などのプラスの財産だけでなく、借入金などのマイナスの財産もすべて受け継ぐことが原則。

【相続財産】…被相続人の相続開始時の財産。「遺産」ともいう。現金、不動産、債権などのプラスの財産だけでなく、借入金などマイナスの財産も含まれるが、性質上、被相続人の一身に専属する権利は含まれない。

■本日の相続チェック! 相続について調べていると「限定承認」という言葉が。どういう意味? 相続財産について“限定”して“承認”すること。つまりプラスの財産の範囲内でマイナスの財産(借金等)を清算し、もし財産が残ればそれを引き継ぐこと。ただし相続人「全員」で一緒に行う必要がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました