公正証書遺言を作成するための必要な書類と作成手順を弁護士が解説(相続会議)

相続会議
公正証書遺言を作成するための必要な書類と作成手順を弁護士が解説(相続会議)
公正証書遺言を作成するための必要書類は多岐に及びます。
[紹介元] 相続会議 – Yahoo!ニュース 公正証書遺言を作成するための必要な書類と作成手順を弁護士が解説(相続会議)

公正証書遺言を作成した場合 相続発生後、遺言者の保管者または相続人が 家庭裁判所にその検証を請求する必要はない。 公正証書遺言の原本が 公証役場にて保管されていることから、 改ざんされる可能性が低いため。

相続登記の書類を法務局に提出して問題なさそうな感じだったのだけど、先ほど電話があった。 相続人の戸籍謄本が母親が亡くなった日より前に取得されているのでNGだとか。 元々は公正証書遺言作成のため、名義を母親のものにする目的で集めてた戸籍謄本だったからなぁ。盲点だった。

遺言書を書く と言っても、遺言書(普通方式)には 1⃣自筆証書遺言 2⃣公正証書遺言 3⃣秘密証書遺言 の3種類あります。 ✅それぞれの違い ✅どういった場合におススメか ✅法的根拠 などをお伝えしています。 【終活】遺言書を作成するために知っておくべきこと

違うだろと、(私の法定相続人は弟2人)公正証書遺言を作成し、全部を上の弟とその家族に行くようにした。その遺言書を見たり、相続のゴタゴタを聞いたりした司法書士がいわば体験者は語る!的な話をして顧客に誘導するために誘ってくれたと思っています。FP二級は単なる箔付け。

自筆証書遺言は、遺言者本人による直筆で、公正証書遺言は公文書である公正証書の形で作成する遺言です。自筆証書遺言と公正証書遺言には様々な点で違いがあるため、作成する際は特徴を理解した上で遺言書の形式を決めましょう。 相続 遺言書 弁護士 オーセンス

コメント

タイトルとURLをコピーしました