相続放棄は慎重な判断が必要 思わぬ人が相続人になることも(相続会議)

相続会議
相続放棄は慎重な判断が必要 思わぬ人が相続人になることも(相続会議)
相続では、よかれと思った手続きでも、時に落とし穴が待ち受けていることもあります。
[紹介元] 相続会議 – Yahoo!ニュース 相続放棄は慎重な判断が必要 思わぬ人が相続人になることも(相続会議)

相続放棄をしようと思っても、その前に遺産の「処分」にあたる行為をしていると、相続放棄が認められないおそれがあります。 遺産の内容がはっきりしないうちは、慎重な判断が必要です。 Google先生かお近くの専門家にご相談ください。 相続放棄 郡山市

・相続放棄は慎重な判断が必要 思わぬ人が相続人になることも! 相続 墓じまい 遺品整理

最近、相続放棄のご相談が増えております。 中でも「家族で疎遠になっている人が亡くなったようで・・・」というご相談内容が多いですね。 疎遠になっていたらプラスもマイナスも財産が不明なので、慎重に判断すべきことが多いですね。 〈松〉

相続では、プラスのものに限らず、負債などマイナスの財産も相続することになります。 相続放棄は慎重な判断が必要であり、決められた期限内に手続きをしなければいけません。 ここでは相続放棄の手続きについてご説明します。 相続放棄の手続きとは? htt…

コメント

タイトルとURLをコピーしました